歯並びが原因というだけで健康な歯を抜きますか?矯正治療は顎関節症など噛み合わせのことも考えて治療しましょう

TEL 0120-780-432
歯を抜かない矯正治療

小臼歯を抜いて矯正すると

前歯が中に入りすぎて、口元が貧弱な感じになることがあります

口元がしぼんだ感じになったり、いわいる老け顔になったり、美容上大きなマイナスになることがあります。また前歯が中に入りすぎることによって、下あごの動きが制約される場合があります。

顎関節症の原因になることがあります

かなり乱れた歯並びでも、きれいに並べるために不足するスペースは4〜5ミリ程度しかありません。このスペースを確保するために8ミリもある小臼歯を抜けば、スペースが余りすぎてしまい、それを無理にくっつけようとするために、歯が傾斜してしまいます。また、すき間が残った状態で治療を終了せざるをえない場合が出てきます。このため、機能的な正しい咬み合わせが作れず、顎関節に負担がかかって顎関節症の大きな原因となることがあります。
また、小臼歯とくに前から4番目の歯には、顎の位置を後ろに下げないようにする働きがあり、顎関節を守っています。これを抜いてしまうのは非常に危険です。

歯のアーチが異常に小さくなるため、口腔の諸機能に悪影響を与えることがあります

小臼歯を4本も抜歯したアーチは異常に小さくなります。まるで子供の口の中の様なサイズになり、とても不自然な感じを受けます。
このため、お口の中が狭くなり、発音しにくくなったり、舌を咬み易くなったりすることがあります。また、舌房が狭いと舌が後ろの方へ下がってしまい、就寝時にいびきが発生しやすくなり、これが睡眠時無呼吸の原因となる可能性もあります。
当院で小臼歯を抜歯せずに矯正治療を受けた患者さんで、いびきや鼻づまりが、完全に治ってしまった方が何人もおられるのは、この事と無関係ではないと思われます。
(科学的な証明はまだされていません。)

小臼歯を抜いて矯正すると、治療期間が異常に長くなります

小臼歯を4本も抜歯して、必要以上に大きく開いてしまったスペースをつめていくには、とても時間がかります。2〜3年は当たり前、ひどい場合は4年〜5年も装置をつけてなければなりません。それでも結局、すき間が全部つまらないケースも多いようです。小臼歯を抜かずに治療すれば、驚くほど早く綺麗に治ります。通常で1年〜1年半、難しいケースでも2年程度で終了します。

小臼歯を抜いて矯正すると、後戻りすることが多い

矯正治療後の後戻りには色々な原因があります。患者さんが保定装置をきちんと使わなかったりする場合もあり、一概には言えませんが、一番の原因は小臼歯を抜いて無理な咬み合わせで仕上げてあることです。機能的にバランスの取れた咬み合わせで仕上げれば、後戻りも少なくなるものです。

小臼歯を抜かない矯正のメリット
  • 自然に調和した、美しい歯並びになります
  • 治療期間が、大幅に短縮されます(殆んどの方が、1年〜1年半で治療終了します)
  • 顎関節症になる心配がなくなります
  • 顎関節症が、改善されます
  • 虫歯になりにくくなります
  • 歯周病になりにくくなります
  • 歯周病が、改善されます
  • 咬み合わせが原因の肩こり、頭痛などが治ります
  • 「いびき」「鼻づまり」などが、改善されることが多くなります
  • 矯正治療後の、後戻りが少なくなります
  • 歯の表面が、必要以上にすり減ることがなくなります
  • 歯の付け根の部分のすり減り、欠損(くさび状)がおきにくくなります
  • お口の中の人工の歯(入れ歯、ブリッジ、インプラント等)が、今までよりもはるかに長持ちするようになります
  • 咬み合せが悪く、固定式のブリッジやインプラントが不可能だと言われていたのが可能になります


↑PAGE TOP

Copyright (C) 2007 Kaneko Ddental Clinic All rights reserved.